カテゴリー「更新情報」の124件の記事

2016.12.13

新刊『環境経済学をつかむ第3版』

L17724

栗山 浩一、 馬奈木 俊介(2016)『環境経済学をつかむ第3版』有斐閣が刊行されました。(amazon)

専門知識を持たなくともエッセンスを確実に理解できるように,具体的な環境問題を取り上げて丁寧に解説した入門書の最新版です。パリ協定など温暖化政策の最新の動向を反映し,図表やトピックスも更新しました。本書のウェブサポートページでは経済実験を体験できます。

続きを読む "新刊『環境経済学をつかむ第3版』"

|

2016.09.12

新刊『入門 自然資源経済学』

バリー・C. フィールド著,庄子康・柘植隆宏・栗山浩一訳(2016)『入門 自然資源経済学』日本評論社が刊行されました。(amazon)

Field_text2016

 自然資源の保全と利用について,経済学を用いて分析する手法を分かりやすく解説しています。
 経済学の初心者でも理解できるように配慮されています。自然資源やエネルギー分野に関心のある人には最適の入門書です。
 これまでの環境経済学のテキストでは扱われていないような森林,海洋,農業,レクリエーション,野生生物管理,生物多様性などの自然資源に関する内容が豊富な点が特徴です。


続きを読む "新刊『入門 自然資源経済学』"

|

2016.07.01

新刊『自然保護と利用のアンケート調査』

愛甲哲也・庄子康・栗山浩一編(2016)『自然保護と利用のアンケート調査』築地書館が刊行されました。(amazon)
Survey_np_tsukiji

 自然保護,観光,レクリエーションなどで現地アンケート調査を行う機会が増えています。
 本書は,調査計画,調査票設計,調査実施,データ分析などアンケート調査の一連の手順について実際の事例を用いながら解説しています。
 造園学,環境経済学,野生動物管理学,観光学など多様な分野の研究者が解説しています。

続きを読む "新刊『自然保護と利用のアンケート調査』"

|

2016.04.08

授業のページ更新

授業のページを2016年度の内容に更新しました。

|

2015.04.08

授業のページを更新

授業のページを2015年度の内容に更新しました。

|

2015.04.06

経済セミナー「経済学入門」に掲載

経済セミナー2015年4・5月号に以下の記事が掲載されました。
  経済学入門:理想のカリキュラム
  「環境の価値はどうやって測ればいいのでしょう?」

|

2015.03.13

日経新聞「やさしい経済学」人間心理から考える

日本経済新聞「やさしい経済学・環境と向き合う」で本日から連載が始まりました。
連載内容は「人間心理から考える」です。主に行動経済学や実験経済学の観点から環境問題を分析する方法について紹介しています。全部で7回の連載の予定です。

続きを読む "日経新聞「やさしい経済学」人間心理から考える"

|

2014.09.10

企画「生物多様性保全と自然保護地域の管理」

環境経済・政策学会2014年大会にて以下のパネルディスカッションを開催します。

研究者と行政担当者が「生物多様性保全と自然保護地域の管理」をテーマに,これまでの研究成果や今後の政策課題について議論します。報告者は,環境経済学,生態学,森林政策学などの研究者と環境省の行政担当者です。ぜひご参加ください。

日時 2014年9月13日(土)午後(1)14:00~16:00
場所 法政大学多摩キャンパス 会場B 経済学部棟103

詳細は以下のとおりです。

続きを読む "企画「生物多様性保全と自然保護地域の管理」"

|

2014.04.21

大学院入試説明会

以下の日程で京都大学農学研究科の大学院入試説明会が開催されます。大学院で森林経済学,環境経済学,実験経済学などを研究したい人は,ぜひご参加ください。


京都会場
 4月26日(土)13:00-16:00 京都大学農学部総合館W100講義室

東京会場
 5月10日(土)13:00-16:00 京都大学東京オフィス

詳細は京都大学農学研究科のページをご参照ください。

ちなみに東京会場には私も参加します。私と直接相談したい方は,東京会場にご参加ください。

|

2013.12.06

Environmental and Resource Economicsに論文掲載

欧州環境資源経済学会(EAERE)の学会誌Environmental and Resource Economicsに以下の論文が掲載されました。

Koichi Kuriyama, James Hilger, Michael Hanemann (2013) A Random Parameter Model with Onsite Sampling for Recreation Site Choice: An Application to Southern California Shoreline Sportfishing, Environmental and Resource Economics, 56(4), 481-497.

続きを読む "Environmental and Resource Economicsに論文掲載"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ひとりごと | イベント | パソコン | 授業 | 更新情報 | 研究