カテゴリー「イベント」の27件の記事

2014.09.10

企画「生物多様性保全と自然保護地域の管理」

環境経済・政策学会2014年大会にて以下のパネルディスカッションを開催します。

研究者と行政担当者が「生物多様性保全と自然保護地域の管理」をテーマに,これまでの研究成果や今後の政策課題について議論します。報告者は,環境経済学,生態学,森林政策学などの研究者と環境省の行政担当者です。ぜひご参加ください。

日時 2014年9月13日(土)午後(1)14:00~16:00
場所 法政大学多摩キャンパス 会場B 経済学部棟103

詳細は以下のとおりです。

続きを読む "企画「生物多様性保全と自然保護地域の管理」"

|

2014.04.21

大学院入試説明会

以下の日程で京都大学農学研究科の大学院入試説明会が開催されます。大学院で森林経済学,環境経済学,実験経済学などを研究したい人は,ぜひご参加ください。


京都会場
 4月26日(土)13:00-16:00 京都大学農学部総合館W100講義室

東京会場
 5月10日(土)13:00-16:00 京都大学東京オフィス

詳細は京都大学農学研究科のページをご参照ください。

ちなみに東京会場には私も参加します。私と直接相談したい方は,東京会場にご参加ください。

|

2013.09.11

<自然公園研究会>自然公園の有料化・入場料を考える

自然公園研究会の案内です。今回のテーマは自然公園の有料化と入場料です。
富士山の入山料について報告します。

◆第4回自然公園研究会の開催概要
<テーマ>
  自然公園の有料化・入場料を考える
<日時>
  2013年9月19日(木)13:30〜17:00
<会場>
  公益財団法人日本交通公社 大会議室
会場地図をご参照ください。)

プログラム内容などの詳細は以下のとおり

続きを読む "<自然公園研究会>自然公園の有料化・入場料を考える"

|

2013.09.09

チュートリアル 環境評価入門 (選択型実験の実際)

9月21日(土),22日(日)に神戸大学で開催される環境経済・政策学会2013年大会にて以下のチュートリアルセッションか開催されます。環境評価の最新手法の選択型実験(コンジョイント分析)について解説します。書籍や論文などには書かれていない詳しい調査手順も紹介します。

初心者にもわかりやすいように解説しますので,ご関心のある方はぜひご参加ください。

 「環境評価入門 (選択型実験の実際)」
 日時 2013年9月22日(日)8:30-10:30
 場所 神戸大学鶴甲第1キャンパス I会場
 内容

1 選択型実験の調査票設計
庄子 康(北海道大学)
要旨ファイル

2 選択型実験のプロファイルデザイン
栗山浩一(京都大学)
要旨ファイル

3 選択型実験の推定方法
柘植隆宏(甲南大学)
要旨ファイル

なお,本チュートリアルセッションに参加するためには,環境経済・政策学会
大会の参加登録が必要です。当日参加も可能です。

環境経済・政策学会大会の詳細は以下をご参照ください。
環境経済・政策学会2013年大会のサイト

皆様のご参加をお待ちしております。

続きを読む "チュートリアル 環境評価入門 (選択型実験の実際)"

|

2012.12.19

京都環境資源経済学セミナー

京都環境資源経済学セミナーは、環境資源経済学に関して定期的に開催される研究セミナーです。学会大会の細分化されてしまったセッションではなかなか顔を合わせることが難しいアクティブな研究者の集まり、大学院生など若手研究者との交流、京都及び関西地域での研究者の集まり、などを目的としたユニークなセミナーシリーズを目指しています。

第1回セミナー日程
 日時 12月22日(土)13:00-17:00
 場所 京都大学農学部総合館大会議室
 詳細は京都環境資源経済学セミナーのサイトを参照

|

2011.06.30

EAERE大会

ローマで開催される欧州環境資源経済学会(EAERE)大会にて共同研究者の庄子さんが以下の論文を報告します。

RECREATION DEMAND MODELS WITH SPATIAL HETEROGENEITY: A SPATIAL KUHN-TUCKER MODEL, Koichi Kuriyama, Yasushi Shoji, Takahiro Tsuge

詳細はEAERE2011大会のサイトをご参照ください。

続きを読む "EAERE大会"

|

2011.06.09

AERE2011年次大会

シアトルで開催される AERE大会にて以下の論文を報告します。

ESTIMATING VALUE OF MORTALITY RISK REDUCTION USING THE KUHN-TUCKER MODEL: AN APPLICATION TO RECREATION DEMAND, Koichi Kuriyama, Yasushi Shoji, Takahiro Tsuge

詳細はAERE2011大会のサイトをご参照ください。

続きを読む "AERE2011年次大会"

|

2010.09.06

環境経済・政策学会2010年大会

9月11日(土)・12日(日)に名古屋大学にて環境経済・政策学会2010年大会が開催されます。
 環境経済・政策学会2010年大会のページはこちら

栗山の関係するセッションは以下のとおりです。

・企画(1)水環境政策の経済評価と経済的手段の適応可能性
・企画(7)環境評価チュートリアル:最新テクニックと分析の実際
・企画(9)生物多様性の経済学的分析
・企画(11)カーボン・オフセット政策の評価と今後の可能性~森林吸収源・林業・地域活性化~

また大会シンポジウム「環境経済・政策学から見た生物多様性条約COP10 と日本の戦略」でもパネルディスカッションにて報告します。

皆さんのご参加をお待ちしております。

続きを読む "環境経済・政策学会2010年大会"

|

2010.07.18

環境資源経済学研究会のお知らせ

以下の研究会を予定しています。皆さんの参加をお待ちしております。
日程:7月21日(水)15:00-17:00
場所:京都大学 農学部総合館中央棟2階 小会議室
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_n.htm

報告1
JunJie Wu (Oregon State University)
Targeting Incentives to Reduce Habitat Fragmentation
野生動物の生息域が開発等により分断化されることを防ぎ,生息域を保全するための経済政策について理論分析およびシミュレーション分析により検討

報告2
Shunsuke Managi (Tohoku University)
Do Environmental Regulations Increase Bilateral Trade Flows?
環境規制が貿易におよぼす影響を実証データにより分析

|

2010.05.06

講演会のお知らせ(5/14)

以下の講演会で報告します。
最近の私の研究内容の紹介や今後の研究課題などの最新の話題について報告を予定しています。
ご関心のある方は,ぜひご参加ください。

==========================================
    「森林・林業形成研究会」 第12回例会
==========================================
日時:2010年5月14日(金) 18:00~20:00
会場:京都大学農学部本館東側地階(E020室)
報告テーマ:
「自然再生と地域再生-生物多様性保全は地域経済を再生できるか-」
栗山浩一 (京大農学研究科生物資源経済学専攻)

|

その他のカテゴリー

ひとりごと | イベント | パソコン | 授業 | 更新情報 | 研究