« 授業のページ更新 | トップページ | 新刊『入門 自然資源経済学』 »

2016.07.01

新刊『自然保護と利用のアンケート調査』

愛甲哲也・庄子康・栗山浩一編(2016)『自然保護と利用のアンケート調査』築地書館が刊行されました。(amazon)
Survey_np_tsukiji

 自然保護,観光,レクリエーションなどで現地アンケート調査を行う機会が増えています。
 本書は,調査計画,調査票設計,調査実施,データ分析などアンケート調査の一連の手順について実際の事例を用いながら解説しています。
 造園学,環境経済学,野生動物管理学,観光学など多様な分野の研究者が解説しています。

【第1部】基本編
第1章 自然環境の保全と観光・レクリエーション利用のための社会調査とは 愛甲哲也
1.本書の目的
2.国立公園における社会調査の現状
3.海外の先進事例
4.アンケート調査の計画と実践――本書の構成

第2章 アンケート調査の企画――実施する前に 庄子康
1.アンケート調査に対する人々の見方
2.調査の枠組み作り
3.アンケート調査票を作る前に
4.調査スケジュールの立案

第3章 アンケート調査票の設計 庄子康・栗山浩一
1.変数の設定
2.変数の計測方法
3.アンケート調査票作成のガイドライン
4.ガイドラインのまとめとしての原則
5.作業をどこで終わりにするか
6.アンケート調査票の表紙と裏表紙

第4章 アンケート調査の実施 愛甲哲也・庄子康
1.サンプリング
2.調査手法の選択
3.調査の準備
4.調査の実施
5.調査倫理

第5章 データ分析と成果の取りまとめ 庄子康
1.本章の内容を理解するタイミング
2.データ分析の下準備
3.データ分析(単純集計とクロス集計)
4.データ分析
5.成果の取りまとめ


【第2部】応用編
第6章 レクリエーション研究からのアプローチ 愛甲哲也
1.観光・レクリエーションと満足度
2.観光・レクリエーション利用と混雑感
3.知床五湖における満足度と混雑感の調査

第7章 環境経済学からのアプローチ――貨幣評価 庄子康・柘植隆宏
1.環境の持つ価値とその貨幣評価
2.仮想評価法
3.仮想評価法による評価事例
4.その他の手法
5.まとめ

第8章 野生動物管理学からのアプローチ――政策評価・リスク認識 久保雄広・庄子康
1.野生動物管理と社会科学的な調査研究の必要性
2.知床半島におけるヒグマ
3.知床半島ヒグマ保護管理方針
4.地域住民に対するアンケート調査の実施について
5.ゾーニング管理に対する地域住民の評価
6.地域住民のリスク認識の評価
7.ヒグマとの遭遇距離を考える新しい評価尺度
8.まとめ

第9章 観光学からのアプローチ――市場調査 寺崎竜雄
1.旅行市場の基礎的な統計を把握するための継続的な大規模調査
2.来訪者の観光地やサービスに対する評価等を把握するための市場調査
コラム インバウンド観光の動向をとらえる 愛甲哲也

第10章 質的調査による地域資源評価の事例 岡野隆宏
1.環境文化を把握する
2.奄美大島の自然と文化
3.屋久島などを例とした世界遺産の効果と課題
4.集落における環境文化把握調査
5.調査から見えてきたもの
6.環境文化型国立公園の提案
7.まとめ

あとがき

付録
知床五湖利用のあり方に関するアンケート
知床の環境保全と利用に関するアンケート
ヒグマに関する町民アンケート
国立公園利用者意識調査
さらに学びたい人のための文献リスト

索引

|

« 授業のページ更新 | トップページ | 新刊『入門 自然資源経済学』 »