« チュートリアル 環境評価入門 (選択型実験の実際) | トップページ | 3回生ゼミのガイダンス »

2013.09.11

<自然公園研究会>自然公園の有料化・入場料を考える

自然公園研究会の案内です。今回のテーマは自然公園の有料化と入場料です。
富士山の入山料について報告します。

◆第4回自然公園研究会の開催概要
<テーマ>
  自然公園の有料化・入場料を考える
<日時>
  2013年9月19日(木)13:30〜17:00
<会場>
  公益財団法人日本交通公社 大会議室
会場地図をご参照ください。)

プログラム内容などの詳細は以下のとおり

<プログラム内容>
・保護地域における有料化の展開と江戸時代富士登山の費用負担
    伊藤 太一氏(筑波大学大学院生命環境科学研究科 教授)

・富士山の入山料、海外の有料化事例など(仮)
    吉田 正人氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授)

・富士山入山料の効果について(仮)
    栗山 浩一氏(京都大学農学研究科 教授)

・自然公園財団の事例
    阿部 宗広氏(一般財団法人自然公園財団 専務理事)

・議論
    コーディネーター:愛甲 哲也氏(北海道大学大学院農学研究院 准教授)

※プログラムは、諸事情により変更になる場合もございますので、予めご了承ください。


<申し込み・お問い合わせ>
 参加ご希望の方は、ご所属、お名前、ご連絡先(電話、Eメール)を添えて、
 事務局宛に9月13日(金)迄にお申し込みください。
 研究会終了後、アットホームな懇親会を開催予定ですので、
 こちらへの参加有無もあわせてお知らせください。

<事務局>
  公益財団法人日本交通公社 門脇、五木田(ごきた)、安達
  メール:shizen@jtb.or.jp  TEL:03-5255-6125  FAX:03-5255-6077

|

« チュートリアル 環境評価入門 (選択型実験の実際) | トップページ | 3回生ゼミのガイダンス »