« 授業のページを更新 | トップページ | EAERE大会 »

2011.06.09

AERE2011年次大会

シアトルで開催される AERE大会にて以下の論文を報告します。

ESTIMATING VALUE OF MORTALITY RISK REDUCTION USING THE KUHN-TUCKER MODEL: AN APPLICATION TO RECREATION DEMAND, Koichi Kuriyama, Yasushi Shoji, Takahiro Tsuge

詳細はAERE2011大会のサイトをご参照ください。

これまでAEREでは1月の大会(AERE/ASSA)と夏に開催されるテーマ別のワークショップを行ってきましたが,今年から夏のワークショップ形式を大会形式に変更することになりました。これまでは特定のテーマのみでしたが,今年から一般的なテーマで報告することが可能になりました。記念すべき第一回大会ということで,かなり多数の報告が行われます。

|

« 授業のページを更新 | トップページ | EAERE大会 »