« 環境経済学の中間試験 | トップページ | 休講・補講情報 »

2006.06.12

第3回環境経済学世界大会 東京プレシンポジウム

7月4日から京都国際会館において「第3回環境経済学世界大会」が開催されますが、世界大会に向けたプレシンポジウムが下記の内容で行われます。世界大会に参加予定のない方も、ぜひご参加ください。

入場無料
事前の参加登録は必要ありません
日時:2006年6月18日(日)13:00-17:00
場所:上智大学3号館3-521教室
交通:中央線、丸ノ内線、南北線、四谷駅下車すぐ
   当日は日曜日のため外堀土手側の正門からお入りください。
シンポジウム内容は以下のとおりです。

内容
講演1:「環境経済学の世界的潮流と日本の役割」
           植田和弘氏(環境経済・政策学会会長・第3回環境経済学大会プログラム委員・京都大学教授)
講演2:「資源循環の視点から見た環境経済学の展望」
           細田衛士氏(環境経済・政策学会常務理事・慶応義塾大学教授)
報告1:「世界大会で注目されるセッション・発表紹介1」
           大沼あゆみ氏(環境経済・政策学会理事・慶応義塾大学教授)
報告2:「世界大会で注目されるセッション・発表紹介2」
           栗山浩一氏(環境経済・政策学会理事・早稲田大学教授)
パネルディスカッション:
コーディネーター 鷲田豊明氏(上智大学教授)
司会 松下和夫氏(京都大学教授)

|

« 環境経済学の中間試験 | トップページ | 休講・補講情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 環境経済学の中間試験 | トップページ | 休講・補講情報 »